記帳支援(確定申告)

記帳は経営の第一歩です。

当所は個人事業主の皆様を対象に日々の帳簿のつけ方から源泉徴収、決算、確定申告の手続きまでを指導致します。また、創業後間もない方や青色申告初心者の方を対象に東海税理士会から税理士を派遣頂き、定期的な税務・記帳個別指導を開催しております。

「税金の各種控除を知りたい」、「青色申告制度ってなに?」など、みなさまのお悩みに対し、帳簿のつけ方から決算、申告の仕方まで適切なアドバイスを行っています。

令和2年度分の確定申告から青色申告者の特別控除額が一部変更となります

青色申告者特別控除の65万円控除を受けるための条件が新たに加わりました。
E-tax(国税電子申告・納税システム)を利用して確定申告を行うことにより従来の65万円控除の適用が可能です。紙面提出で確定申告を行う場合特別控除額は55万円となりますのでご注意ください。

税制改正詳細:icon_1r_24.png国税庁リーフレット(65万円控除の変更について)

令和1年度分(申告期限:令和2年2月15日~令和2年4月15日のもの)

   青色申告者特別控除額     10万円
  +貸借対照表を記載したもの   65万円

令和2年度分(申告期限:令和3年2月15日~令和3年3月15日のもの)

   青色申告者特別控除額     10万円
  +貸借対照表を記載したもの   55万円
  +E-taxによる電子申告   65万円

貸借対照表を記載しない場合はE-taxによる電子申告を行った場合でも追加の10万円控除を受けることはできません。

 

下田商工会議所で確定申告書の作成指導を受けられる方へ

1月上旬から随時指導対象者に案内ハガキが到着します。記載された日程・会場に従って作成指導をお受けください。ご都合が悪い場合は下田商工会議所までお問い合わせください。

下田商工会議所では契約を締結した税理士の電子署名による一斉代理送信を行っております。E-taxによる電子申告による追加の10万円控除の適用を希望される方は税理士による代理送信の日程の都合上、2月下旬までに作成指導を受けられますようお願い申し上げます。

※代理送信は3月初旬を予定しております。代理送信の日程を過ぎてから作成指導を受けられる方は自動的に電子申告による追加の10万円控除の適用外となりますのでご注意ください。