経営発達計画(小規模事業伴走型事業)

小規模支援法に基づく『経営発達支援計画』が認定されました

小規模事業者事業の持続的発展を図ることを目的に、商工会議所・商工会が、小規模事業者による事業計画の作成及びその着実な実施を支援することや、地域活性化に繋がる展示会開催等の面的な取組を促進するため、小規模事業者の技術の向上、新たな事業の分野、新たな事業の分野の開拓その他の小規模事業者の経営の発達に特に資する支援計画を「経営発達支援計画」として経営産業大臣が認定する仕組みが導入されました。

平成30年3月に当所の経営発達支援計画が経済産業大臣から認定されました。

5年間の計画で小規模事業者を対象に事業計画策定支援など伴走型支援に取り組んでまいります。

  中小企業庁HP:小規模事業者支援法に基づく「経営発達支援計画」の認定

経営発達支援事業

1、地域の経済動向調査に関すること

 ①巡回による景況調査

 ②部会開催による調査

 ③アンケートによる調査

2、経営状況の分析に関すること

 ①窓口相談における経営状況の把握及び経営分析の実施

 ②巡回による経営状況の把握及び経営分析の実施

 ③専門家派遣を活用した経営分析

3、事業計画の策定支援に関すること

 ①事業計画策定セミナーの開催

 ②セミナー開催後の個別相談会

 ③経営革新の事業計画策定支援

 ④小規模事業者持続化補助金や経営力向上計画策定支援

 ⑤創業における事業計画策定支援

4、事業計画策定後の実施支援に関すること

 ①経営指導員による定期的フォローアップの実施

 ②事業計画策定後の定期的フォローアップの実施

 ③創業フォローアップ支援の実施

 ④専門家派遣制度を活用したフォローアップ支援の実施

5、需要動向調査に関すること

 ①消費者ニーズ調査

 ②ITを活用した販路開拓支援

6、新たな需要の開拓に寄与する事業に関すること

 ①伊豆大特産市等の出展並びに集客支援

 ②個別商談会による販路開拓支援

 ③他支援機関主催による展示会の周知

 ④専門家を活用した個別相談支援

 ⑤メディアを活用した販路開拓支援

地域の活性化に資する取り組み

1、着地型観光推進事業

 ①「下岡蓮杖プロジェクト」事業

2、販路拡大事業

 ①「きんめがど~ん」事業

 ②「下田ブランド」活用事業

 ③「下田がんバル」事業