共済制度

商工会議所では、会員企業の福利厚生制度を、共済制度や各種保障プランでサポートしています。
また、経営者・従業員の皆様向けの個人の医療保障、生活保障などのニーズにお応えする各種プランもご用意しています。

 

 

黒船共済

当所がアクサ生命保険㈱と締結した団体型定期保険(入院給付金付き災害割増特約・ガン重点保障型生活習慣病一時金特約)と当所独自の見舞金を会員の皆様限定でご利用いただけます

  • 保険期間は1年で自動更新、役員・従業員の福利厚生制度にご活用いただけます。
  • 病気・災害による死亡から事故による入院まで、業務上・業務外を問わず24時間保障されます。
  • 医師による診査は不要です。
  • 法人が役員・従業員のために負担した掛金は、全額損金に算入できます。

 

 

特定退職金共済制度

従業員の退職金準備にご活用いただけます。

  • 毎月、定額の掛金を支払うことで、将来支払う退職金を計画的に準備できます。
  • 退職金制度の確立は従業員の確保と定着化を図り、企業経営の発展に役立ちます。
  • 法律で定められた退職金支払いのための保全措置が講じられます。
  • 法人が従業員のために負担した掛金は、全額損金に算入できます。

 

 

提携各種共済制度(アクサ生命保険)

商工会議所とアクサ生命が提携し、全国の商工会議所会員企業などの福利厚生制度 (退職金制度や弔慰金・見舞金制度、リスク対策や事業承継など)を、生命保険でサポートしています。
経営者・従業員の皆様向けの個人の自助努力による財産形成、医療保障、生活保障などのニーズにお応えする各種プランもご用意しています。

  • 企業防衛/事業保障プラン (経営者向け)
  • 退職金プラン (経営者・従業員向け)
  • 自助努力プラン (経営者・従業員向け) ~入院・死亡保障~
  • 資産形成サポートプラン(個人向け)

 

 

小規模企業共済制度

経営者の皆様ご自身の退職金制度です。

  • 掛金は全額所得控除
  • 共済金は退職所得扱い、または公的年金等控除扱いの雑所得及び一時所得
  • 政府が責任をもつので安全・確実
  • 加入者は事業資金の貸付制度を利用できます
  • 専従者も共同経営者として加入できます。

 

 

経営セーフティ共済(倒産防止共済)

連鎖倒産からあなたの会社を守るための共済です。

  • 取引先が倒産した場合、積み立てた掛金の10倍の範囲で被害額相当の共済金の貸付けが受けられます
  • 貸付けは無担保・無保証人・無利子
  • 掛金は税法上損金(法人)、または必要経費(個人)に算入できます

 

 

ビジネス総合保険制度

賠償責任リスクの補償、事業休業の補償、財産・工事に関わる補償を一本化して加入できます。
どの保険に入ったらいいかわからない・保険ごとの契約手続きが面倒など保険に関する不安や疑問を解決できます。

 ◇ リスクに対する補償のもれ・ダブリを解消し、一本化して加入できます

 ◇ 賠償責任(PL、リコール、情報漏えい、サイバー、施設、業務遂行等)のリスクを総合的に補償

 ◇ 災害(火災、風災、水災、雪災、地震等)に遭った際の休業損失を補償

 ◇ 情報漏えい保障に加え、サイバー攻撃の際の対応費用も補償

 

 

業務災害補償プラン

労災事故が発生した際の従業員に対する補償、また企業の責任で労災事故が発生した場合の損害賠償責任を補償します。

 ◇ パート・アルバイトを含む全従業員を包括補償

 ◇ 「従業員のケガ」と「企業の賠償リスク」にダブルで備えることができます

 ◇ 派遣、委託作業者、下請

 

 

情報漏えい賠償責任保険制度~サイバーリスク補償型

外部からの攻撃(不正アクセス、ウイルス等)過失(セキュリティ設定ミス、廃棄ミス、単純ミス)、委託先、内部犯罪などによる情報の漏えいが生じた場合、加入者が被った経済的損害に対して保険金が支払われます

 ◇ サイバー攻撃等の際の対応費用を手厚く補償

 ◇ 見舞金・見舞品購入も補償

 ◇ IT業務も行う事業者向けオプションとして、「IT業務特約」もご用意

 

 

休業補償プラン

経営者とその従業員が、病気やケガで働けなくなった場合、収入の減少部分を補う補償。
経営者の公的な社会保障制度(政府労災保険の休業補償給付など)というセーフティネットのない自営業者も加入できます。

 ◇ 入院中だけでなく、自宅療養期間中の就業不能も補償

 ◇ 就業外での病気・ケガまで、国内外を問わず365日24時間補償

 ◇ 家族従事者の方も加入可能

 ◇ 介護による休業も補償

 ◇ 1年を超える長期休業も補償

 

 

火災共済

建物や家財が火災、風・ひょう・雪害などで損害を受けた場合に共済金が支払われます。また、火災共済金が支払われるときは、臨時費用、取り片付け費用、失火見舞金費用などの費用共済金も合わせて支払われます。

 

総合火災共済について.pdficon_1r_24.png

 

 

自動車事故費用共済

もしものとき・・・お手頃な掛金でもうひとつの安心を!
ドライバーのあなた、もしもの時、自動車保険(任意保険)に入っているから安心とおもっていませんか?
あなたが人身事故を起こしてしまったら・・・
人身事故で被害者となった場合に、見舞金や香典料など、多額の事故負担が必要になる場合があります。
相手側に対する道義的責任(誠意)についての補償は自動車保険では必ずしも十分とは言えません。
万一の時あなたの経済的負担を幅広くサポートする共済、それが当組合の自動車事故費用共済です。

 

自動車事故費用共済について.pdficon_1r_24.png